スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
さようなら。
昨日の日付が変わってすぐに危篤だったおじいちゃんが息を引き取った。
高校生のときお世話になったお祖父ちゃん。
家出してきた私を居候させてくれたり、高校でも顔が広く先生方にもお祖父ちゃんは顔が広く曲がったことが大嫌いな昔ならではのおじいちゃん。

いつも学校に文房具を販売していたお祖父ちゃん。
運動会などでは1番を取らなきゃ意味が無いといつも言っていたお祖父ちゃん。
毎年夏には大量の鈴虫を飼っていたお祖父ちゃん。

怖くて優しいおじいちゃん。
もう話すこともできないんだね。
去年の夏に子供を連れて帰省したとき喜んでたおじいちゃん。

私はおばあちゃんやおじいちゃんが大好きなのはきっと小さいころから接する機会が多いからなのかな??

こんなでかいお腹やけど葬式だけには出たいから6時間かけて地元に帰っておじいちゃんの最後を見に行くよ。
精神的に今日はなんだか変な感じがした。
お腹が空かないし自分でも気持ちが落ちてるのが分かったけどなんだかおじいちゃんに怒られる気がしていつもより洗濯物や食事の支度をてきぱきできたような気持ちだった。

もう話すことのできないお祖父ちゃんに会うのは辛いけど。
今度は天国で見守っててくれるよね?おじいちゃん。
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

【 2008/03/11 02:02 】

ママうさぎの事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<帰宅 | ホーム | 心配>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://littleusagi0819.blog23.fc2.com/tb.php/615-6fcc8b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。